PPA 太陽光発電

設置費用 「ゼロ」 PPA (第三者保有)

法人向けPPAモデル太陽光発電

法人向けPPAモデル太陽光発電の図

企業がPPA事業者に保有する建物の屋根などのスペースを提供し、PPA事業者が太陽光発電設備を無償設置し、運用・保守を行う。同時に、企業は発電した電力を自社で使用しその電気料金を支払う。

※PPA「Power Purchase Agreement(電力販売契約)モデル」の略。

PPA太陽光発電の特長

導入経費が0円。
しかも、保守・管理費も0円

自家消費型太陽光発電は、発電した電気を自社の施設で消費する太陽光発電のことです。従来から盛んに活用されていた投資用太陽光発電は、固定価格買取制度を利用して発電した電気を売電し、収益を得ることが目的でした。しかし、太陽光発電パネルや機器のコストが下がり、同時にFIT法の見直しにより売電単価が下がり、売るよりも自ら使う自家消費型太陽光発電に注目が集まっています。

  メリット デメリット
PPAモデル
  • 導入費用がゼロ。
  • 保守・管理費が発生しない。
  • 資産計上されず、オフバランス。
  • 契約終了後は無償譲渡される。
  • 自由に交換・処分できない。
  • 長期契約となる。
自社保有
  • 発電分は調達コストがかからない。
  • 交換・廃棄などが自由。
  • 長期的に投資効率が高い。
  • 初期投資が大きい。
  • 保守・管理の費用がかかる。
  • 固定資産になる。

※自家消費型太陽光発電設備の導入について(環境省)を参照して作成

動画で知るPPA

PPAモデル・太陽光発電の特長

  1. 電気料金の削減。

    PPA発電分の料金は安価に。

    電力会社購入分とPPA発電分の比較図
  2. CO2の削減。

    太陽光発電は
    100%再生可能エネルギー。

  3. 非常用電源に。

    災害による停電時に使える。

こんな企業様にPPAは最適です。

  • ・保有する建物の屋根部分が空いている。
  • ・常に一定した電力を消費し続ける事業である。
  • ・自社で再生可能エネルギーを使いたい。